動物ブランド米

発芽玄米炊飯器

環境を守る稲作〜動物ブランド米

朱鷺と暮らす郷づくり認証米

ここ数年、絶滅が心配される動物生息地の環境保護活動を支援できる動物をブランドにした農林水産品が増えており、

選んで買い求めることが出来るようになっています。

 

その中でも有名なのが、新潟県佐渡島で栽培された
朱鷺と暮らす郷づくり認証米」と、
兵庫県豊岡市で収穫された「コウノトリ育むお米」です。

 

どちらの品種も、環境を守る稲作で、鳥の保護を図っています。


トキ米のコシヒカリが、こちらの価格と比べ、他の同じ品種の米より1割ほど高いです。

 

しかし、味と、環境に役立つという背景を知って、
選んで買っていく顧客のリピートが多く、根強い支持があるのです。

 

特別栽培米 朱鷺と暮らす郷は、
農法のこだわりが水や肥料に出るので、炊くとつやが出て甘みも強い、おいしいお米です。

 

兵庫県豊岡市が認証した、
コウノトリ育むお米」は、野生のコウノトリの個体の最後の生息地が、豊岡市だったことに由来します。

 

「コウノトリ育むお米」は、ブランド米として、
豊岡市を含む但馬地区で同じ条件で栽培されています。

 

2003年から進められているコウノトリの放鳥と保護の一環として
コウノトリ育むお米」の生産の取り組みが始まりました。

 

具体的な農法は、農薬の使用量を25%以下に減らしたり、冬場に田んぼに水を張ることにより、水中の生き物が暮らせるようになり、その結果、コウノトリが好むドジョウなどが増え、05年の放鳥開始以降、田でえさをついばむ姿が戻ってきたということです。

 

コウノトリ育むお米」の売り上げの一部は市の基金に寄付され、
子どもたちの環境教室などに役立てられています。

 

生きものマークガイドブック

このような、生き物をブランドにした農林水産物は、どこで買えるのでしょうか?

 

『特別栽培米 朱鷺と暮らす郷』は、こちらで買えますし、『コウノトリ育むお米』は、こちらで買えますが、
他の動物ブランド米は、通信販売している例も多いので、取り組みを進める団体のサイトをネットで
検索するか、直接問い合わせてみるのが近道です。

 

こうした団体の連絡先は、農林水産省のホームベージの中の
生きものマークガイドブック

生きものマークガイドブック

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/s_ikimono/guidebook/

 

にまとめられていますが、
新しく始まっているものも含め、全ては、網羅はできていません。

 

興味のある動物や地域をもとにして、ネットで探してみるのも楽しいですよ♪